カテゴリー: wp の記事一覧

2009年08月31日以降,communisense.comにて,WordPressを使って書かれているもの

大雪間引き運転と通達行政と炎上

1月18日の雪で交通,特に東急線は大混乱だったらしい.

ネットを見れば東急disにあふれてるし,TVニュースは面白おかしげに伝えていたように思うのだけど,その夜の「報道ステーション」が唯一,唐突に,国交省の通達の話を出してきた(他では見なかった気がする).

これを気に,一気に国交省disの流れになると思いきや,まったくそうはならず尻すぼみに(国交省の鎮火活動が素早かったのか.メディアが国交省に何か握られてるようなことは無いような気もするけど).

調べてみると,東急は確かに行政指導をいただいている.

こういうのに他の事業者がどの程度倣うかは,会社それぞれ濃淡有りなんだろうか?(例えば小田急は間引きも改札規制もしていなかった説があった.正確かどうかは分からないが)

今回,東急で最も影響が大きかったのは運転調整(列車本数の間引き)だが,減速については,東急だけでなく他の事業者にも指示が出ていたような報道もあった(2014年2月).

これについては,国交省の行政指導指示のリリースがある.「積雪の状況に応じた適切な運転規制等を実施すること」と指示されている.

専門家の解説はこちら.

その後,某芸能ニュースで「忙しくなった」とはいえ,この盛り上がりの無さはいったい.

いわゆる通達行政等々へのdisり大会は,火をつける適当な人がいないと起きないんだなあと,しみじみ思いました(逆に言えば,燃えているときは,火をつけ風を送っている人達がいるということなんだな,きっと).

ソマリアの海賊を壊滅させたのは……

ソマリアの海賊を壊滅させたのは……という話が回ってますが(勿論複合的意義は十分あるでしょう),壊滅に貢献したのはデータマイニング技術だという話が昔からありまして.前にこれ読んだとき,へーって思ったんですよね.

気象海洋も含めた様々なデータから海賊出没の日時場所を予測して,商船には警戒するように情報を伝えると同時に,そこにピンポイントに取り締まりに行く.海賊にしてみれば「商売」にならないので辞めていく,という仕組みだそうです(辞めた後の稼ぎ,という点からは,漁業に従事する機会も大切ですね).

その予測手法に関するU.S. Naval Research Laboratory (NRL)の報告がこれ.

もうすこし解説っぽいのは,

  • 取り締まりも含めた解説記事(英文).2013年
    Information Warfare: Data Mining Screws The Pirates
  • 日本語ざっとした訳はこれかなぁ(魚拓だけど)
    (cache) Podcast28_Military_News_Blog: ■一年生のセージの発芽率に感心する。しかし種類が分からない。【2013-6-18作文】- 2013年8月8日 08:39 – ウェブ魚拓

    ストラテジーページの2013-6-17記事「Data Mining Screws The Pirates」。
     数学の力が、ソマリア海賊を鎮圧しかかっている。
     海賊攻撃は昨年より7割も減った。
     そして、巨額の身代金領収につながる巨大船のハイジャックは、かれこれ1年以上も、発生していない。

     データ・マイニングをして、海賊の行動を予測する数学が、貢献している。名付けて PARS (Piracy Attack Risk Surface)。
     過去パターンの抽出に、天候要素を加味すると、敵の次の出没海域が読める。そこを通る船長には、警告してやる。そういう仕組み。
     もちろん各国海軍は、その海域近くで張り込んでいる。

     海賊行為はピークの2009には181件もあったのに、2012には32件。
     海賊たちは、資金が尽き、陸に居る闇の首魁たち(たいていは教育あるビジネスマン)は、他業務に関心を向け変えている。この首魁たちには、数学ソフトが海上を支配したことが分かるのだ。

     これまでの各海軍の経験で分かったのは、海賊の出没にいちばん大きな影響を与えているのは、天候・海象だということ。海賊にとって、仕事のし易い気象というものがあるのだ。それがどの海域に生じているかをリアルタイムで把握するだけで、海賊の出る場所がわかる。そこに各国軍艦はパトロール海域を絞り込めば、いちばん無駄が無い。

     海賊側の心証では、過去2年、軍艦の数が急に2倍に増えたと思っているだろう。さにあらず。同じ数の軍艦が、ただ、海域を絞り込んでいるだけだ。

とか.面白い.

そういえばデータ・マイニングって言葉あんまり聞かなくなりましたね.何も変わっていないのに.栄枯盛衰諸行無常 :-)

2015年年間一括追加更新

2014年に引き続き,2015年分もふたたび,Twitter/Facebookからの流し込みで日記追加更新しました.いや,2015年は割と日記の方も更新してたんですけどね.

超若干名いらっしゃるように見受けられるフィード(RSS)経由で読んでいただいている奇特な方,突然たくさん流れてきて,すみませんです.:-)

あらためて,去年の7月〜9月は安保法制〜オリンピック・エンブレム/新国立競技場で狂乱の夏だったんだなあ,としみじみ思いました.あの狂乱から何か新しい未来は生まれたんだろうか.

追加エントリ一覧:

——

日記:
 今日(日付は昨日)はSMAPがSMAPxSMAP生放送でコメントした日.いつか未来にこれを読み返した日,テレビは,「芸能界」はどうなっていますか? Twitterはまだありますか?(未来への手紙的な)

超いいね!

Facebookの新しいReactions (Like! 拡張).

Facebook

各言語対照表.

Like Love Haha Wow Sad Angry
いいね! 超いいね! うけるね すごいね 悲しいね ひどいね
ええやん! めっちゃええやん! 笑たわ すごいやん 悲しいわ そら怒るわ
Me gusta Me encanta Me divierte Me asombra Me entristece Me enoja
Gosto Adoro Haha Uau Tristeze Ira

現時点でテキスト・ラベルが用意されているのは,en(英), ja(日), es(西), pt(葡)くらい?

zh(中), fr(仏), de(独)ですら無いというのに日本語(関西)の頑張りっぷり.東京nativeなのに何となく(関西)の方がニュアンスが感じ取れる(特に「そら怒るわ」)のは何なのだ,とか.

英語だとさらに「Yay」があるらしいが,私が表示言語を英語にしても出てこない(6個だけ).
昨年の10月にスペインとアイルランド限定でテストが始まったときは「Yay」があり計7個だったようだが,今回はYayを外して6個にしたということなのだろうか(私が表示言語を英語にしても出てこない).

…………

以前にFacebookのLike拡張予想をしたんだけど,結果は2の”対抗”になったのかなあ.

出てきた英語・日本語・日本語(関西)のラベルをしみじみと読むに,やっぱりこれはポストなりシェアなりした人の「気持ちに同意する/寄り添う」ことだけを考えたデザインなんだろうなと.もちろん,悲しいポストにLoveしたり,楽しいシェアにSadしたりという「嫌がらせ」はできちゃうんだけど.

でもそれならやっぱし「そうだね」の一択でいいような気が個人的にはひしひしと(しつこい,笑)

今んとこは「喜怒哀楽」ならぬ「楽楽⁺笑驚哀怒」だろうか?

テスト時にあったらしい”Yay”が「喜」だとすると,別にそれがあっても良いように思うのだが,ダブっていると判断されたとかテストで使われる率が低かったとか,そういうことなのかなあ.

Yayあればいいのに.

Posted by Toshihiro Takada on 2015年9月16日

facebook予想

  1. 本命 ‐ ‘like/いいね’を別の言葉に(アイコンも)替える.置き換えであり,’like’は無くなる.なんだろうね? ‘moved’とか’with you’とかそんな感じ?
  2. 対抗 ‐ 発信者側が’like’以外のものをいくつかのオプションの中から選べる.デフォルトは’like’.つくのは一種類だけ.
  3. 無印 ‐ ‘like’とネガティブなラベルの「ボタン」の2つになる.up/downの場にしないとザッカーバーグが言った以上,まあ無いだろう.
  4. 穴 ‐ ‘like’に加えて,悲しいことへの共感を表現するラベルが付いた「ボタン」が増える.一番ありそうなだけに,無さそう.
  5. 大穴 ‐ 「人工知能()」がコンテンツの中身を判別し,適切なラベルの「ボタン」が自動的に生成される.発信者がオプションで変更可能.
  6. 論外 ‐ 読み手(=like!をする側)が何を付けるかを選ぶ,というパタンはいずれにせよ無いんじゃないかと予想.炎上の口火になることが想像されるから.

さて.

ホウレンソウ

ここ数日「多分、報・連・相の意味は間違って伝えられてるよ」という記事のリンクが流れてくるのだけど,これ,私の知ってる「間違ってるよ」という話とは微妙に内容が違う.個人的にはこっちをずっと信じてたんだけど(2007年の文章だ)……

この語呂合わせは旧山種証券の社長だった山崎富治氏が20年以上前に考案したとされる。報告は縦、連絡は横、相談は集団のコミュニケーションを指す。本来は風通しの良い組織づくりの大切さを説いたはずの言葉だった。

ここに書かれている『報告は縦、連絡は横、相談は集団のコミュニケーションを指す』というのが切れ味良すぎて,有無をいわさず信じたくなるのだよな.

オリジナルの「ホウレンソウ」とは「何を上司に話すべきか」ではなく「誰とコミュニケーションすべきか」を分類したものだったのです。すばらしい。

いやほんとに素晴らしい.

P.S.

「出典マニア」の方が調べていた.

もっと、上下の報告がきびきびと行われないものか、左右の連絡がスムーズに取れないものか、上下、左右にこだわらない腹を割った相談がなされないものかと、

ほんとにほんとに素晴らしい.

音楽サブスクリプション・サービス

お客様のなかに音楽サブスクリプション・サービスに詳しい方は(以下略)

前から疑問なんですが……

CDなり配信で買った音源が手元にたくさんあり,かつ,サブスクリプション・サービス(Google Play MusicやApple Music)を契約してるとするじゃないですか.

以前からの慣れの問題で,持ってる音源は手元のローカルファイルで聴き,持ってないものをサブスクリプションで聴くことが多いです.そうすると,それはサブスクリプション・サービス側からみて,

  • 私が持ってるアーティスト = サービスで聴かれていない = 売上の分配がされない
  • 私が持っていないアーティスト = サービスで聴かれている = 売上が分配される

と,なるんでしょうか?

もしそうであれば,持ってる=自分がファンであるアーティストにお金が行かない状況を作ってしまっていることになる.

それを望んだ状態ではないとするなら,持ってる音源もサブスクリプションのメニューで聴いた方がよい.
→ますます「自分が持ってる音源」という概念が意味を持たなくなる,なあ,と.

一方で,ローカルファイルやアップロードしたマイライブラリの聴取も売上分配のカウントに入る仕組みであれば,そこは全く気にする必要は無い.

どうなってんだろう?

P.S.
以前の「購入」により一度はそのアーティスト側に金銭が行っているのは確かではある.なので,あえて(たぶん相対的には)若い(であろう)アーティストにお金が回る方向に立ちまわる方がいいのか? という考え方もあるが,それはまた全然別の問題.

付記3

「REALKYOTO 新国立競技場問題をめぐって 浅田彰」

みなさん褒めていらっしゃいますが,私は全然駄目だわ.

いまさらそんなこと言ってどうすんだという「そもそも論」.ご本人が「そもそも論」だとことわっている通り,何ら問題の本質の議論ではない.続くはインサイダー“政局話”.結論は,出来ないことを承知の上で「ラディカル」を言う.裏付けは「森」と「草地」の優秀性.それはアプリオリなのか?(謎)

批評家/評論家の役割というのはあるだろうし,後から出てきて何か言うことは悪いことでは全くない.が,発言の前後で社会が,現実が何らかの変形を遂げるという点において某エコノミストの自己実現目的煽りにさえ全く及んでいない.知性の果たす役割はそれでいいのか,みたいな.

本質的な議論は「付記3」だけだ.付記3の議論にネットのネットたる側面を加えて更にこねたものと我々は今後当分の間付き合っていかないといけないのだろう.もちろんそれは,建築だけの話ではなく,エンブレムの話だけでもなく,すべての事柄において.

結論:付記3は素晴らしい.

ようやく咳が治まった.12月4日の某ナカノヒトの会を断念した覚えがあるので,やっぱりちょうど1ヶ月.

大丈夫っすか,とか声をかけてくれた方もいて,ありがとうございます.

これ,かれこれ二十年以上そうなんですが,風邪をひいてそれが治った“後”,ほぼ1ヶ月間,咳が酷くて止まらなくなる.風邪自体が喉にきたか否かとかそういうことには全く関係なく.また,咳してる期間は熱とか他の症状はほぼ何もない.あと,過去数回は咳で肋骨もやってる.

それこそ結核も含めて,そこそこ簡易にできる検査は随分とやったけど,何も出ない.最近よく言われるようになった咳喘息とも違うらしい(そもそも咳喘息の定義が素人にはよくわからん).結局,対処療法となる.

下手に去痰剤とか摂ると逆に酷くなったりするので,コデインとかノスカピンとかエフェドリンとかのみ成分の薬を浴びるように飲むくらいしかないという(主な副作用:便秘,5分とか15分とかの寝落ちが気持ち良すぎる).

たまたま身体がそういう体質になってしまったのかもしれないけど,何の根拠もない思い込みとしては,やっぱこれ,気管支とかに細菌だかウイルスだか何かが常在的に棲みついていて,普段はおとなしくしているけど,風邪の後になると活性化するとしか考えられない.症状のパタンがいつも一緒だし.

そしてこの棲みついている何かは,ぜったいに某中央学園の寮で拾ってきたんだと思ってる.だって学生時代まではこんなの一度もなかったし,そもそもあそこでひいた風邪(通称:学園風邪)の咳がまさにそんな感じだった.

今の会社とか職場には特別恨みとか辛みとか何もないけど,このことだけは心の底から怨んでいる(ただし確証が何もないので濡れ衣でしかないw).

THE BEATLES 1

ようやく"THE BEATLES 1 (2015年remix版)"を聴いてる.まだHelp!だけどこれ凄いな.個々のパートの明確さは言わずもがな.デジタル・リミックスの常で,やっぱり「混ざっていない」んだけど,そこに違和感ではなく有り難味を感じてしまうのは,単なるノスタルジアというかビートルズ効果なんだろうか? まあ,国産リミックスとは手間暇お金のかけ方がひょっとして二桁くらい違うんじゃないだろうか,という気もするので,そういった作り込み(リバーブの再現性とか)の違いもあるんだろうけど.

...

うわー.We can work it out がー
Paperback Writer !!
All you need is love. なんだこりゃw

...

聴き終わった……

ビックリした大賞はPaperback Writer, 次点はWe can work it out.
聞こえすぎて笑ってしまったw賞はAll you need is love, 次点はPenny Lane.
ある意味一番期待してたHello Goodbyeはほぼ期待通りな感じ.
それにつけてもStrawberry Fields Foreverが1位になってない問題の罪深さよ.

2015年版の1については,このレビューとか,かな.

...

ビートルズの全てのマスターマルチトラックはアビーロードスタジオのProToolsに入ってるそうだ.このマルチトラックのアクセス権(トラック毎に聴いたり好きにリミックスしたりできる.コピー等できない技術は入れて)を年999ドル位で売ればいいのにとか,昔から思ってる.

まあ,私は買えないけどさw

同じ決済アプリでも「軽く」も「重く」も指向できるんだな,みたいな

時事ドットコム:買い物決済、スマホアプリで=訪日客向けに開発−経産省

訪日外国人客数の増加傾向が続いている。(略)これに伴い旅行消費額も右肩上がりだが、両替所が少なく、クレジットカード対応も十分でない日本の買い物環境は訪日客の間では不評だ。そこで経済産業省は、訪日客の消費のさらなる拡大に向け、スマートフォン向け決済アプリの開発に乗り出す。

なぜそんなことに.実証実験はともかく,決済アプリの開発?

……

と思ったけど,続きをよく読んでみると

アプリ利用者は事前に、国籍や性別、滞在先といった属性情報、クレジットカード番号などの決済情報、パスポート番号を登録する。登録情報に基づき、決済に加えて▽宿泊先に商品を配送▽宗教に配慮した食事の店を紹介−といったサービスも提供する仕組みだ。

とか書いてある.

これはいわゆる「モバイル決済」の「軽さ」とは真逆?を目指してるんですかね.

裏返してみるとこれは日本の店舗側が「外国語を話さないで/外国文化を考慮しないで済む」ことを指向してると思えなくもない.

あとこれやるなら確かに政府の裏付け無きゃ駄目だと思いたくなるよな,とか.

よく分かんないですけど,表層的なキーワードへの脊髄反射はよくないな,とは改めて思いました,まる

P.S.
そうか,これもあったか.日本人でも訳わかんないっすけどね.EdyとiDの発音似てる問題とかもあるw