(OTOTOY編集後記からの転載です)

先週の月曜日あたり、月がすごく綺麗でしたね。すごい月と、木星と、そのさらに先にある土星。なんか格好良かったです。月を、とくに満月を見ていてたまに思うのは、「あれは昼間でているあの太陽の光が反射して光ってるんだ! (自分自身が光っているんじゃなくて)」ということに人類で最初に気づいたのは、何万年? 何十万年? 前のどこの誰だったんだろう、ということ。いや地球上で最初に気づいたのはヒトじゃない可能性もある。いわゆる天体に関する知識が何ひとつなくても、遠くにあるものが太陽に照らされて光ることや、丸いものに陽があたると影があんなかたちになること等々から類推してその結論に達することは可能なはずです。子どものころ図鑑とか読むのが大好きだったけど、答を知らずに考えることもまた楽しいことです。いまは全世界中が答のない状況にあるわけで、本当はここであれこれ考えるのをもっと “楽しんで” いいのかも、とか思ったりもします。まあ状況それ自体、楽しくはないのは確かだけど。

・・・

今週のOTOTOY NEW RECOMMENDへの推薦曲は、〈目指すものの気高さに満ちた3rdアルバム『時間』から。MVもぜひ観てほしい。〉、betcover!!の “回転・天使”、他、ウ山あまねの “siriasu”、LIGHTERSの “ black moon”、んoonの “Sniffin’” の4曲です。

もやし指数

(OTOTOY編集後記からの転載です)

家の近所のよく行くスーパーが2つあるのですが、どちらも去年から、世間が緊急事態で自宅閉じこもりモードになると「もやし」が売り切れます。どうしてみんなもやしを買うのかは謎です。べつに日持ちするわけじゃないし、なぜ? 理由はわかりませんがともあれ、8月の連休前の週末あたりからもやしが売り切れている光景を頻繁に目撃するので、世のお籠もり度の上昇=人流の低下は達成されているのではないかと思います。俺内もやし指数への信頼は高い。ちなみに去年の最初の緊急事態宣言時にあった納豆や製菓材料の売り切れはみられなくなりました。納豆指数の破綻。安定供給ってほんとに偉大です。

・・・

今週のOTOTOY NEW RECOMMENDへの推薦曲は、〈今年の“真夏のピークが去った”ソングはクレナズムの切な懐かしさがぴったりのこの曲で〉、クレナズムの “積乱雲の下で”、他、sawamayの “ハミング”、Pablo Haikuの “rest”、NYAIの “まぼろし” の4曲です。

fully vaxxed

(OTOTOY編集後記からの転載です)

2nd shotから14日間たちました。fully vaxxedです。fully pfizeredって言い方もあるんですね。なんか「モデルナだけどfully pfizered」とか言ってる人もいて意味わかりません。ちなみにわたしはpfizeredです。改造された感ある字面。fully vaxxedになったらウェーイかと思いきや、この1ヶ月で状況一変、そうでもなさそう。これやらそのほかやらに起因する、そっかーまだ続くのかーという気持ちは、このあとの人びとの心への影響を考えるとなかなかに重い。ともあれこれはひとつのスタート・ラインであることは確かです。私が住む基礎自治体の住民接種事業はとてもとても良く運用されていて、感謝しかない。もともと好きなんですが、またひとつ自治体愛が深まりました。ありがとうございます。

・・・

今週のOTOTOY NEW RECOMMENDへの推薦曲は、〈インドネシアのR&Bシンガー、88rising所属、Nicole ZefanyaのソロプロジェクトNIKIの新曲はノスタルジックな夏の夜感。Every day is summertime.〉、NIKIの “Every Summertime”、他、Luke Hemmingsの “Saigon”、The Killers, Phoebe Bridgersの “Runaway Horses (Abridged)”、the Stillの “This is your kindness” の4曲です。

暑い

(OTOTOY編集後記からの転載です)

今日書くことといったら、「暑い」。それ以外ないです。昼にちょっと外に出たら暑さでお腹が痛くなってきました。寒くてお腹痛くなるのは普通にあるけど、暑くてなるのははじめてかも。なにげに湿度は低いので東京っぽくない暑さです。暑いより熱いのほうが正しい、みたいな。さて、天候はそんな感じですが、音源的にはこの秋リリースのアルバム/EPからの先行トラックがぼちぼちと出はじめています。今週の更新に入れたHolly Humberstoneもそのひとつ。The 1975のMatty Healyとの共作のこの楽曲、ちょっと好きすぎてたまらない。胸が熱い。

・・・

今週のOTOTOY NEW RECOMMENDへの推薦曲は、〈11月リリース予定のEPからMatty Healyとの共作楽曲を先行配信。濃霧のなかにみえる光明〉、Holly Humberstoneの “Please Don’t Leave Just Yet”、他、フレディーマーズの “さよならジェイミーフォックス”、仮谷せいらの “HOME”、yonigeの “対岸の彼女” の4曲です。

買えることの大切さ

(OTOTOY編集後記からの転載です)

例のアレのせいで熱っぽい感覚があり(実際には熱はそんなない)身体のあちこちが微妙に痛いし頭がぼーっとしているし。そんなときはアイスがとても美味しいです。最近のお気に入りはハーゲンダッツの濃苺とMOW PRIMEのゴールドラムレーズン。美味しい。すこし前までは、ひたすらpinoのやみつきアーモンド味を食べていました。そもそもアーモンド味をアソートでしか売らず単品販売しないこと自体がどうなんだ派です。ちょっとアレンジを加えて単品売りされたアーモンド味。いつ終売になるのかという恐怖と闘いながら買い続けていましたが、ついにどこにも見かけなくなりました。とても悲しい。商品が発売・供給され、それが継続されることって、とても大切ですよね。そう、アイスだけじゃなく、音楽も。

・・・

今週のOTOTOY NEW RECOMMENDへの推薦曲は、〈ついに1stフルアルバムをリリース。このヴォーカル、メロディ、リズムを聴いてほしい!〉、黒子首の “エンドレスロール”、他、Tomggg & kiki vivi lilyの “License of Love”、Newspeakの “Jerusalem”、Mini Treesの “Carrying On” の4曲です。

私は私だけじゃない

(OTOTOY編集後記からの転載です)

「ベッドルーム・ポップ」とも呼ばれるタイプのアーティストの作品が、昨年後半あたりから変化しているうように感じます。よりクリアに、そして確信のある音楽へと。ひとつの仮説は、昨年春以降“ベッドルーム”がほぼすべてのアーティストにとって「そこがリアル」の場所になってしまったことで(たとえが卑近すぎますが我々レベルですら“自宅”が仕事や学校のリアルの場になってしまったのと同じく)、もともと「そこ」にいた彼・彼女たちが確信と自信を持って前に進めるようになったのでは、というもの。先週末公開のOTOTOY EDITOR’S CHOICEでは、そんな楽曲を集めたプレイリストを作成しました。優しくも力強い、そして大好きな楽曲たちです。この他にも残念ながらOTOTOYで配信されていないため入れられなかったアーティストも多数あり。今年後半、ますますこの方面の動きに期待大です。

・・・

今週のOTOTOY NEW RECOMMENDへの推薦曲は、〈Sakura Chill Beatsで公開されたヒロアカEDテーマ曲のRemix、配信開始。〉、the peggiesの “足跡 (RetroVision Remix) [EXTENDED MIX] – Sakura Chill Beats Singles”、他、ウ山あまねの “来る蜂”、Laura day romanceの “happyend”、Samiaの “Show Up” の4曲です。

被る

(OTOTOY編集後記からの転載です)

同じ日に行きたいライヴが複数あることがあります。「被る」とかよく言いますよね。被ったときにどちらかを選ぼうとすると気を病むしキリがないので、マイ・ルールとして「基本、先にチケット買ったやつに行く」ことにしています。例外はその都度判断。あと、なんでか知らないけど、行きたいライヴが集中する日もありますよね。個人的に「特異日」とか呼んでますが、こちらは一般的な言葉じゃないかも。先週の土曜日17日はそんな特異日でした。4つくらいまでは数えてたけど途中で数えるのをやめました。発表があるたびに「あ、7/17ね……」みたいな。この日もマイ・ルール貫徹により、揺らぎのレコ発・初のワンマン・ライヴへ。文句なし。いい空気の振動でした。よくやったぞマイ・ルール。

・・・

今週のOTOTOY NEW RECOMMENDへの推薦曲は、〈左右に置かれる淡い音の鮮明さ、懐か新しいサウンドが印象的。もちろん曲も良し。〉、Clairoの “Amoeba”、他、colormalの “さまよう”、chloe moriondoの “girl on tv (acoustic)”、神はサイコロを振らない, アユニ・D, n-bunaの “初恋” の4曲です。

FRUN FRIN FRIENDSのリリパにいった

(OTOTOY編集後記からの転載です)

先週リリースされたフルフリの1stフル・アルバムがとても良かった。曲たちが見事なまでにすべて良く、その上で彼女たちが創り上げ、確立した彼女たち自身のトーン、確固たる世界が際立ち、眩しささえ感じます。聴いていてちょっとグッときてしまいました。そしてそのリリース・パーティーが金曜日に(これが初ワンマン?)。こちらもとてもとても良いライヴでした。アルバム全曲を(ほぼ)曲順通りに披露。途中に挟まれた「お楽しみコーナー」としてあヴぁんだんど“さん”の曲もあり。ラスト2曲がアルバムとは順番を替えて、本編ラストに“プアンコンタイ(เพื่อนชาวไทย)”、アンコールに“カステラたべたい”。“カステラたべたい”はOTOTOYで販売しているハイレゾ版にのみボーナストラックとして収録されているアコースティック・バージョンで、はじまったとき心の中でガッツポーズが。ほんと大好きなんですよね、このバージョン。

・・・

今週のOTOTOY NEW RECOMMENDへの推薦曲は、〈フルフリの最高な1stアルバムから、The Broken TVカバーのこの曲を〉、FRUN FRIN FRIENDSの “プアンコンタイ(เพื่อนชาวไทย)”、他、Always You, Cony Planktonの “All I Wanted Was You (Japanese Version)”、長谷川白紙の “わたしをみて” の3曲です。

そして先週の推薦曲は、〈韓国インディロック・シーンから日本へ、至極の一曲〉、The Black Skirtsの “EVERYTHING (Japanese Ver.)”、他、Sisters In The Velvetの “Love, Massacre”、Daokoの “fighting pose”、Tomggg, Lil Soft Tennisの “Rent A Car”、あたらよの “8.8” の5曲でした。

Total Feedback (配信)でplumsとRAYをみた

(OTOTOY編集後記からの転載です)

かなり悩ましかったけど致し方なく配信で(まあチケット持ってなかったんだけど)。plumsは、plumsならではの「せめぎ合う3つの凛とした“メロディ”」はそのままに、バンド全体のスケールがゴリゴリに増していてまじカッコよかった。昨年おこなったplumsのインタヴューで、1年後の自分たちについての質問に(当時メンバーの) 3人とも答えていたように、「最高」になっていました。今後のもっともっと、最高の最高が楽しみです。そして新譜がでたばかりのRAY。前進する彼女たちと、歌い継がれる”スライド”。みていてちょっと切なくなってしまいました。RAYは今週末に新メンバー・新体制のお披露目です。こちらも楽しみです。

・・・

今週のOTOTOY NEW RECOMMENDへの推薦曲は、〈音楽的カヴァレッジを拡げながらもますます研ぎ澄まされていくNo Buses最新アルバムから。〉、No Busesの “Alpena”、他、Clairoの “Blouse”、Sarcastic Soundsの “Closure (feat. BIRDY and Mishaal)” の3曲です。

そして先週の推薦曲は、〈届きそうで届かない、希望と絶望のなかに仄見える光。〉、ドレスコーズの “ピーター・アイヴァース (バイエル版)”、他、揺らぎの “While My Waves Wonder”、orbe, haruka nakamura, 田辺玄, LUCAの “Same Song” の3曲でした。

EX THEATER ROPPONGIの「3階」席でリーガルリリーをみた

(OTOTOY編集後記からの転載です)

かつてJAMやWARPでほぼ同じ高さの目線で、FEVERやSHELTERで少し下から見上げていたリーガルリリーを、EX THEATERのB1Fという名の実質「3階席」でみました。はじめて遥か頭上から見下ろすリーガルリリー。そのステージには一切の装飾がなく(正確にはギターアンプの上になにかが二体)、3人と、3つの楽器と、ライヴ中に3人が放つ光を鮮やかに増幅する照明装置だけ。初期の代表作(“リッケンバッカー”)をこのようにライブ中盤の何気ない1曲へと消化し進化させるアーティストは稀な気がします。かつて演奏するだけで会場の空気を張り詰めさせていた“ぶらんこ”はライヴ後半のよりスケールの大きなパートの幕開けを飾る1曲に。本編最後の曲となる“蛍狩り”を語るたかはしほのかは大人になりました。3人が3人とも際立ち、それぞれ主張のある音を奏でるスリーピースであり、それがそのままバンドのスケールの大きさにつながっています。曲の存在感を後押しするする照明が良し。そしてなによりPAの音が抜群に良かったです。粒立ちが良く、1弦1弦、1太鼓1シンバルの手にとるようにわかるような音でした。彼女たち自身も、彼女たちを取り巻く状況も、すべてが進化したライヴでした。MCも進化してますよ(たぶん……)。

・・・

今週のOTOTOY NEW RECOMMENDへの推薦曲は、〈聴く者にそれぞれの心情を、情景を、空気の匂いを想い起こさせる名曲がまたひとつ。〉、Laura day romanceの “東京の夜”、他、odolの “独り”、Justin Bieberの “Peaches (Remix) feat. Ludacris, Usher & Snoop Dogg”、ayutthayaの “そうでもない”、adieuの “愛って” の5曲です。

そして(編集後記の別のコーナーで取り上げられているため)ここには入れなかったけど、超重要曲が、上白石萌音の “君は薔薇より美しい” です。まじ素晴らしい。

 新しい« 1 2 3 4 5 6 7 ...54 55 »古い