新しい« 1 2 ...49 50 51 52 53 ...57 58 »古い

刑法第一七五条

古い六法全書しか持ってないぞ。刑法って(口語)改正されたんだっけか? 一般常識欠如してて、すまぬ。

第一七五条【わいせつ文書頒布等】猥褻ノ文書、図画其他ノ物ヲ頒布若クハ販売シ又ハ公然之ヲ陳列シタル者ハ二年以下ノ懲役又ハ二百五十万円以下ノ罰金若クハ科料ニ処ス販売ノ目的ヲ以テ之ヲ所持シタル者亦同シ

しかしなぜ「百七十五条」ではなくて「一七五条」なのだ。謎。


唯一の希望は、この件がどうなったかをちゃんとフォローアップしてほしいということ。2月2日の報道時点では、A氏が逮捕、B氏は任意で事情聴取、そしてA氏宅・B氏宅とC社が家宅捜索を受けた、ということくらいしか分からんもん。

で、その後どうなるか。素直に「改悛の情」とかを示せば、起訴猶予になるんでしょうか? 「当局」にしてみりゃ、新聞に「逮捕!」って見出しが載るだけで目的は果たせる訳だし。起訴して正式裁判して、

「猥褻」
猥褻の定義… これは歴史がありますな。
「図画」
あれって図画? 単なるビット列だよな、なんてのは流石に通らんか :-)
「公然」
公然ねぇ、公然といえば公然か。でも単にWebブラウザで見られることを「公然」と言ってよいほど、WWWは一般化してしまったのかぁ。そいつぁすげえや。
「陳列」
陳列? 陳列かなぁ… でも、人が勝手に自分ん家(サーバ)に入ってきてデータ取ってっただけだぜ。家(サーバ)に鍵かければOKなのか? とか主張するには、ISPのディスクに乗ってたっつー点がちょっと痛いな。

とかいう話をきちんとして欲しいなぁ。って、当の本人の方々のことは何も考えてませんね、私。(すいませんっす)

もとより「記者クラブ資料CUT&PASTE業」の方々には全然期待できないから、誰かまっとうな「ジャーナリスト」(括弧付けてみたりしち :-)さんにこの辺の問題をきちんとフォローアップしてもらいたい、今日この頃。

しかし、<img src="...">で日本国外のディスク上の「猥褻図画」を張り込んだらどうなるんでしょうか? 誰か、実際にやってみて、逮捕されてみて、起訴されてみて、裁判してみて、判決確定させてみて、判例作ってください。(あ、自分ではやらないでしょう。安全地帯でウダウダ言ってるだけの卑怯者ですから。:-b)

CDAではその手のことはどう定義されてるんだっけか。あ〜、英語読む気はしないっすぅ。

でわね。

1/12

みなさま、あけましておめでとうございます。見出しにこーゆーのを使うのは良くないことでしょうか、なんて。あ、いやいや、1ヶ月間ものごぶさたでした。

なんか1月はバタバタしてたなぁ。プロシンで発表して、Multimedia Japan 96camera ready (1.5MもあるPSファイルなのでクリックしないように :-)デッチあげて、APNGでシンガポール行ってきて、原稿書いて、原稿書いて、んで、あとは、おもしれ〜おっさんだなぁ、とか書けないこと色々、つーか。

シンガポールはムシ暑くてよかったです。あんくらい暑くて、あんくらい湿気があるのが一番体に合うような気がする。寒いのはキライじゃ。

でも、いまさらですが、東アジアというのは圧倒的に中華文化圏なのですね。いったい日本はどうすればよいのでせうか。シンガポールで英さんやNarayanさんと話したように、日本はもうどのみち駄目なのでせうか。今月号のNAVIで田中康夫氏か浅田彰氏のどっちか(多分、田中康夫氏)が、「中華文化圏を飛び越え3億人のEnglish Speakerを持つインドと手を組むくらいのタクティクスが何たらかんたら」とか発言してましたが、そんな単純な話なのでしょうか。例えばインドと手を組むにしても、あの階級文化(?)とどう付き合えばいいのか私には分かりません。インドといえば話はそれますが、家の同じ階段の1階にインド出身のポスドクの人が住んでます。階段を通ると、そこはいつもカレー、ではなくて香辛料のいい匂いがします。とてもおいしそうです。

あとは、逮捕! とか、おめでとうパーチー、とか、色々とネタはあるけど、取り敢えず後回し。

ひとつ、何故か結構ショックだったのは、SoftQuad Inc.の社長のYuri Rubinsky氏が亡くなったこと。面識がある訳ではまったくないのだけれども、去年の12月の4th International WWW Conf.のClosing Sessionでの彼のスピーチがあまりにも印象的だったんで、ショックだったのでした。実際、あのスピーチを聴いた人は、みな、そう思ってるんじゃないかなぁ。それほどパワフルで面白くて的確で、ほんと聴いてて、凄ぇなぁ、っていう人でした。あぁ、あれからまだ、ひと月ちょっとしか経ってないんですね。

そういえば、よしおかさんの「かつどん物語」は、何かしんみりくる話でした。しかし、過去をふりかえってしまうのは、やはり、ぢぢぃの証拠でせうか。

さらにそういえば、fj.kanjiのよしおかさんのポストのnaiveさというのは、恐らく一度底を見た、というか、「修」「離」「破」の「破」の先のnaiveさなのでしょうね。若さ故のnaiveさと突き抜けたが故のnaiveさというのは本質的に異なるもののようでもあり、結局「見た目」が一緒なら本質的な差など実はないようでもあり、人生「修」すらしてない未熟な私には、どちらが正しいのかよく分かりませぬ。

何言ってんだか全く意味不明ですが、とりあえず、歳月は去り、人は去り、今年も1/12が去り逝き、いったいどうしたらよいのか分からぬ今日この頃、皆さんいかがお過ごしでせうか。1996年はどんな年になるのでせう…

Lovely!

結局、昨日までは何もせず、大晦日になってから、おせちを作り出す。近年はおせち作りのリエンジニアリングによる効率アップ著しく(って違うよな :-)、てきとーに夕方までに作り終える。

んで、夜は宴会。三者三様の栗金団という訳の分からん情景を醸し出すも、まぁ、よい、と。

その横では、最初Beatlesで8時(?)からは紅白が掛かってたけど、やっぱ、小沢健二とダウンタウンであるなぁ。

あまりに素晴らし過ぎるので、「あ〜、今年は良い一年であった。まだまだ大丈夫だね〜」と、しやわせに包まれてたら紅白が終わってしまい、結局、0時15分位に蕎麦を喰う。

にしても本当に素晴らしい。

It’s a lovely lovely way. Can’t you see the way?

10万Km

あ〜、昨日は虎馬の忘年会であったんであるなぁ。結局ブッちぎっちまったぜ。しくしく。

ちょっくら御用事で銀座方面。東名厚木で乗って40分掛からずに谷町まで着く。道路っつーのはこーでなきゃいけねー。結局、家から新富町まで1時間掛からず。いつもこうなら(かつ高速がタダなら :-b)厚木もいいとこなんだけどねー。

昼飯喰って、買い物して、買い物して、買い物して、Les Saisonsで飯喰って、帰る。赤座海老のグラタンが旨かったのよん。

んで、さぁ帰ろうってことで霞が関の入口目指して左折するまさしくその時、我が下駄CR-X君は10万Km走行を達成したのであった。エライ、エライ。NAVIにでも載せてもらおうか。:-)

だりぃ

あ〜、だりぃ。

何か復活するまで一週間掛かりますね。体力的に云々というより、つまんね〜な〜、ぱっとしね〜ぜ、くっだらねぇ〜、状態がいかんともしがたい、ちゅうか。

ここで気合いを盛り上げてもしょうがないので、あと3日だらっとして、そのまま年末年始に突入してやる。:-b

という近年稀にみる内容のない日記である。うむ。


で、一旦終わったが、それもしょーもねーので、もう一言。

にしてもPixarの「SUNの壁」の写真(WIRED 3.12 USのp.p.149とか、今だったらwww.sun.comの表紙絵もそうか)は、ちょっとグッとくるものがありますな。放熱は大丈夫なのかぁ、って、いらんお世話か。

TOY STORYとMEMORIESあるいはGHOST IN THE SHELLとどっちがエライかなんて、それも無意味な言明っすね。

一番エライのはNASDAQのPIXRだったりしち。Startup! ちゅうか。:-b

という訳で、結局内容なし。

灯台下暗し*3

夕方はIAJの総会だか何だかで新宿。しかし、1分話すだけなら、それこそネットワークで何とかして欲しいぞ、ちゅうか。


あ、その前に武蔵野か。ソフト研で何たらフォーラムがあったんけど、とりあえず武蔵野は車を駐めてコーヒー飲んだだけであった。そいから雑談。

ソフト研何たらフォーラムの御講演は、宮原先生と千葉麗子氏。最近とみに無茶苦茶さが増しているソフト研らしい。しかし何だな。自分とこの若いもんの言うことはハナから相手にせんくせにチバレイの話は「ふんふん」聞くオヤヂ、という図が容易に想像できてあれだ、ちゅうか。


んで最後は、巷の話題の"ALTA VISTA"。今年の7月くらいからscooter.pa-x.dec.comさんが「どっからリンク見つけてきたんだこいつ」的な個人的サーバにもGET robots.txtしてきてたんだけど、とうとう出ましたか。

にしてもしかし、ALTA VISTAで「Digital’s search robot "Scooter"」を引いた時の結果に"http://127.0.0.1/"を返すってのは最高に御洒落である、ちゅうか。

先週のまとめ

いや〜、よしおかさん。わっはっはっはっは。いや〜。HiuraさんもHirokoさんもHappy Holidays! (極めて意味不明 :-)

しかし何ですな。今更ですが、よしおかさんってDB屋さんだったんですね。考えてみれば、2年前のよしおかさんの姿勢って、日本のDB屋さんの中では希有の存在だったですね。

大体、その昔、(特に日本の)DB屋さん達がWWWに対する態度って、全然知らないか、たとえ知ってても凄く冷たいかのどっちかだった。

「何それ?」「おもちゃじゃない」「何が新しいの?」「で、それで?」

とかね。

最近になってこんなのーがき読んだりすると、「おめ〜らこないだまで何てってた!」とか思わず言いたくなるけど、面と向かって言ったりしない私はなんて大人、つーか。:-b

まあ、何も新しくないし、玩具だし、最強にイイ加減なのは紛れもない事実なんだから、相手にしないなら徹底的に相手にしなけりゃいいののにね。

で、世の相手にせずにはおれない人々、例えばSGMLやTEIな人達は、いかにHTMLがタコかを説き、例えばある人種の人達は「W3Objects」とかを主張し(実際、"links as first class objects"なんてのは結構グっとくるんだけど)、つまり、「良識ある人々」は「良識」を訴えてるんだけど、結局、こーいったものはどうにも流行りそうもないよなぁ、見るからに。こんどは逆に、

「で、だから?」

って言われる番、つーか。

などとゆーことを地の果て(どっちが :-)で考えてたりして、その結論が、

「良識ある人々」が「こんなもんタコじゃねーか、ばっけやろー」とか言ってもどうにもならないこの状況というのは、まさしくMicrosoft Windowsじゃねーか

ではちょっと哀ぴー、つーか。

ひょっとしたらひょっとするJavaの「良識」はちょっと古ぼけてるけど、あんくらい枯れてた「良識」じゃないと受け入れらんないのかな。

"It’s just a programming language, guys?" (by Yuri Rubinsky)

つーか(文脈がないと通じないけど、にしてもこのお言葉は秀逸であった)。

てな訳で全く意味不明だが、これが先週のまとめである、まる。

Shiftな時代

そうかー、そんな面白れーこと書かれてんのかー。毛利さん、一冊送ってください、ってなこと言ってないで、自分で買えよな > 自分 :-)

はい、私が、役人根性丸出しで下々を鼻で笑うShift-JISがキライなスノッブ高田です、ちゅうか。

そういえば、去年のIP Meetingで「世の中にはShift-JISなんてものもあるようですが…」なんつースノッブな話をした時に、mohtaさんに「UnicodeとShift-JISどっちが嫌いですか?」って聞かれたよな。「そりゃ、圧倒的にShift-JISが嫌いです」って答えた私、ちゅうか。

でも、どうやら巷の噂(早く?ttpが使えるようになりたーい、独り言)を聞くに、これからはShift-JISならぬ「Shiftな時代」であるらしい。何でも、中文とハングルなWindows 95は、Shift-JIS的なコード空間ずらしの手法で、GB 2312とUnicodeあるいはKS C 5601とUnicodeを両立させる作戦に出る気配があるという。

つまり、かつて日本が既存の「半角仮名」との互換性を保つ(両方使えるようにする)ために空間をずらして0208を埋め込んだのと同様に、GBあるいはKSCとUnicodeが両方使えるようにするっちゅうものらしい。すげえな、そりゃ。

もしこんなんほんとに使われるようになったら、確実に日本は世界の孤児になるんでしょうな。Shiftな時代に置いてかれるShift-JISっちゅうか。それとも、そうならないためにまたグダグダ言って足でも引っ張るってか。:-b

と、さて、明日から楽しみだなー、などと再度独り言を言って終わる日記であった。

Merry Christmas!

数が足りなかったので、しょうがなく本厚木まで「クリスマス・カード」を買いにいく。

しかし何だなぁ。改めて店に売ってる「クリスマス・カード」を見てみると、ほんとにデザインが子供っぽいのしかないっすね。まぁ、日本では、これは子供の文化なのかもしんない。

で、ガキっぽいのはともかく、とにかくどれもこれも"Merry Christmas"と書いてあるのばっかし。"Season’s Greetings"って書いてあるのは、いかにも日本人が外国人に送るよう、日本趣味バリバリの「和風っ!」ってカードのみ。結局、初日に染まる富士山と雪を召した竹林の奴を買ってくる。あ、和風デザインがイヤだとかいうのではなく、それはかえってOKなんだけどね。

宗教がグチャグチャな日本のくせにというか、グチャグチャだからこそというか。

ま、日本には「あけましておめでとう」という万能語があるからいいのか。

と、今、突然思ったけど、「新年」が忌まわしいもの、「新年」を忌み嫌う地域とか宗教ってあるのかな? "A Happy New Year"って言ったら殴られる :-) ような文化とか。世界は広いから、きっとあるかもしんない。

さて、明日からは"Happy Holidays"だけど、日記はどうしようかなぁ。誰が読んでもいいんだけど、最近、会社の人間にも結構読まれていることが判明してきたので、う〜む。

カツ・カレー

昼に富士屋ホテルで喰ったカツ・カレーのカツ部は超弩級にうまい!

カツ部に塩のみをふって食べると、それはもう、カレー部が邪魔なくらいうまい。

帰りにもう一度メニューを見たら、カツレツのアップルソースがけがどーしたとかいうメニューがちゃんとあった。1月のプロシンの時に寄って、ぜひ今度はこれを喰おうと心に誓う。

そんだけの話ではあるが、そんだけうまい。うむ。

 新しい« 1 2 ...49 50 51 52 53 ...57 58 »古い